鈴なりのものもあれば、1ケのものもあり

  • 2013.10.27 Sunday
  • 16:18
もうすっかり寒くなってストーブも登場する今日この頃ですが、
この秋もたくさんの恵みをいただきました。

今年ようやく姫リンゴが少しなりました。
無農薬なので肌もこんな感じで生食はできませんでしたが
酵素ジュースをつくったら、きれいな黄金色のジュースになりました♪
美味しかったです〜



夏ハゼ(飛騨ではバチリンと言います)、豊作!鈴なりとはこのコトです!
夫がガンバッテ採って、果実酒にしました。





ブルーベリーも調子よく、3回酵素ジュースを作りました。
ジャムが出来すぎて食べきれず、配ったくらいでした。
そしてカリンも鈴なりになっています。



ゴールデンキウイも鈴なりになって、今は収穫してリンゴと一緒に熟成中です。



そして、柿が今年やっと1ケだけなりました。
今、毎日色づくのを家族で楽しみに眺めています。



毎年、恒例のsouとseiのサツマイモ掘り。
さっそくスイートポテトをつくったら好評でした。



干していた小豆を見たsouとsei、中身を出したくなったようで根気よくお仕事してくれました。





美しいですね。



年によって成り年やそうじゃない年もありますが、
毎年なんだかんだの恵みをいただいています。
ありがたいことです(*^^*)

畑の収穫、続々と…

  • 2012.07.04 Wednesday
  • 13:36
 今年の春は寒い日が多く、畑の作物の育ちもイマイチでしたが、
やっと続々と収穫が始まりました。

無農薬に加えて、今年は無肥料ということもあって
小ぶりのものもありますが、かっちりとした実です。

「みやま小かぶ」
生でもおいしく、サラダや漬け物でいただきます。
秋まきもできるので楽しみです♪



昨年、秋に植えた玉ねぎ。
元肥も追肥もしていませんので小ぶりですが、しっかりした玉ねぎが収穫できました。


こんな小さなものも…(笑)
ポトフや丸焼きなどでおいしくいただいます。



こちらも昨年、秋に植えたにんにく。肥料なし。
やはり小さめですがカチッとしています。



きぬさやと穴あきだらけ(笑)の小松菜。
他にもきぬさやをしばらく置いてグリンピースや
水菜、ロケット、きゅうりもいただいています。



イチゴも毎日収穫しています。
生でもちろん、一日食べる分のジャムを作ったりやケーキに使っています。
そろそろ時期も終わりですね。

実りがありがたい!

  • 2011.07.24 Sunday
  • 13:01
 今年も畑の実りが食卓を豊かにしてくれています。

今年の野菜のいくつかは、種を採りたいと思い 「野口の種」 で、固定種を購入しました。

中でキュウリが今まで作ったことのないものが出来ました。
葉っぱがとても大きく、キュウリの表面がトゲトゲでデコボコしている。
そして、中身は固め。





母親は 「昔食べた懐かしい味がする」 と。

固定種は「日本人が長い間かかって受け継いできた、伝統の味、旬の味覚が味わえる」
ということなので、こういうことなのか、と思いました。

キュウリはたくさん出来るので、母親がキュウリのキュウ―ちゃん風漬け物や
どんどん塩に漬けておいて夏が終わった頃に奈良漬けのような漬け物にしてくれます。
それも楽しみなのです。



昨年から作り始めたゴボウも順調に大きくなっています。
よくばって一つの袋に3〜4株植わっているのでどうなるでしょうか…





そして、びっくりしたのがビワ。

なぜか昨年の秋に花を咲かせ、花を付けたまま冬に入り、
少しずつ花は茶色くなり小さな実になり、
そしてこの夏にオレンジ色のビワの実になったのです。



葉を使うために植え、飛騨では実はあきれめていました。
植えてから4〜5年経ちますが初めてのことです。

実を食べましたが甘くておいしい立派なビワの実でした。

この後、何年したら実を付けてくれるのでしょうか。
楽しみにゆっくりと待ちましょう

手作りアイスの季節

  • 2011.05.27 Friday
  • 14:54
そろそろ学校から帰ってきた子どもたちが 
「アイス〜」 という時期になってきました。

毎年作るアイスがあります。
我が家は子どものアレルギーがあるので、
乳製品なしのアイスです。
今回はイチゴで作りましたが、他の果物でも。
甘みも調整してくださいね。

これは、イチゴと豆乳生クリームのアイス ↓

作り方
 (乾璽薀船鷯2に水大2を加える。
◆[△瓦靴靴織ぅ船苅吋僖奪に50gの砂糖を入れて湯せんで溶かす。
 △豊,魏辰┐突呂しさます。
ぁ‘ζ生クリームを7分立てにしてとまぜ、バットに入れて冷凍庫へ。
 



これは、豆腐を使ったイチゴのジェラード ↓

作り方
 .ぅ船苅吋僖奪、米飴orハチミツorメープルシロップを1/3カップ、絹ごし豆腐1/2丁、
   塩ひとつまみをミキサーで攪拌する。
◆‘蕕砲蠅鵑乾献紂璽1/2カップと粉かんてん小1/4を入れて火にかけ、沸騰したら
   ,鵬辰┐討気蕕堀拌する。
 冷凍庫に入れる。途中フードプロセッサーでなめらかにして再度冷凍庫に入れるとよい。
   (↓ これは冷凍したままなので固いですが子どもたちは根性で削って食べます





これは、米粉の蒸しケーキ。
種を作って炊飯器で蒸します。

米粉で一番おいしいのは今のところ、ワッフルかな。
我が家ではワッフル焼き機が大活躍です

グミの果実酒

  • 2010.11.20 Saturday
  • 21:59
富山のグミを頂きました。
我が家のグミはもっと大きくて楕円。
私の知っているグミとは違いますね〜
河原に成っているそうです。

さっそく、果実酒を仕込みました。
咳や喉に効くそうです。


左は氷砂糖、右は黒砂糖。
焼酎を入れました。



我が家のカリンももう熟しました。


木の下に…たくさん落ちています。


木の下のを拾うだけでこんなにありました。
落ちていないカリンも合わせるとこれの倍くらいになりそう。


果実酒とはちみつ漬けかな。
風邪のひき始めや咳がでるときに重宝しています。

初めてのゴボウ収穫

  • 2010.11.17 Wednesday
  • 21:58
今年は畑で初めてゴボウを育てました。
そして、この秋に収穫しました。

太いの細いのありますが、節がなくてやわらかくとてもおいしいです。
これは来年もつくらなければ!

隣りはニンジン。
香りも味も濃くて、スーパーで売っているものとは一味違います。



今年はラッカセイも調子よく、たくさん収穫できました。
食べる分ずつ掘って干します。



大豆と黒豆を干しています。
大豆は枝豆のうちにおいしくてかなり食べてしまいました。

はさで干していましたが、近頃雨も多く干しきらないので枝からはずして干しています。


ほとんど乾いてふさを開けるとこんな風に豆が入っています。
きれいですね〜



今の畑の様子は…

ダイコン。細い種類の種を播いたので細めですが、そろそろ食べ頃ですね。



白菜はまだ巻いていませんね。
早く浅漬けを漬けたいな〜



これはサツキナと言います。
このまま冬越しさせて春に食べます。



飛騨といえば赤カブ(笑)
やはり漬け物にします。
大きいものから収穫して使っています。葉もおいしいです。
これはまだ小さいですね。


ずいぶん寒くなりましたが、まだ畑には楽しみが残っています。

links

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Favorite Book

selected entries

categories

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM