今年もよろしくお願いします

  • 2011.01.10 Monday
  • 11:10
 小寒も七草も終わり、飛騨の冬休みは今日で終わりです。

もうお正月気分もずいぶん前に終わりましたが、
今年も最初の記事はお正月のことを書きます。
毎年同じところでお参りして、同じことをするので、
昨年の記事と変わらない写真もあるかもしれません(笑)

ですが、毎年同じ年中行事をするということは、
それを待つ楽しみと、それができることの幸せを感じる事が出来ます。

飛騨の年越しはご馳走を食べ、お酒を飲んでみんなでどんちゃんします。
小さな頃は子どもの好きなものをたくさん作ってもらって
お腹いっぱい食べたことを思い出します。
小さい頃からこれを楽しみにしていました。

わたしたち姉妹が大人になると、少し上品になって、
飛騨の春慶塗の八寸の皿を家族分揃えて、そこにおめでたい料理を並べるようになりました。
飛騨の年越しに欠かせないブリも焼きます。

わたしの子ども達が大きくなると、子ども達の八寸も揃えました。


母はおせち料理は全て手作りします。
いつも全ておいしく感謝です。

でも、いつもついつい母にお任せのわたし…。
そろそろ習わないとな〜(笑)

お酒もおめでたい金粉入りを頂きました。
こんなかわいらしい桜の形のものも入っていました。



さて、年が明けると、おせち料理と必ずお雑煮を頂きます。
そして、初詣に出かけます。
いつものコース。まずは飛騨総社へ。





お参りが終わると、子どもたちは毎年ここで懐かしいお菓子を買ってもらいます。


三角形の素朴な焼き菓子の中におみくじとおまけが入っています。
コマや小さなトランプ、そして当たりは五円玉のお守り。

母は子どもの頃、今のようにいろんなものがなかったから、
お正月にこれを買ってもらうのが楽しみだったそうです。



次は桜山八幡宮へ。
お参りをすませると、いつものようにおみくじを引いて木に縛りつけます。


そして、字がきれいになるように…。




次は隣のお寺へ。


ここで毎年お守りと切り絵を頂きます。
おカネをヒラヒラさせながら、お守りを選んでいますね(笑)



次はお不動様へ。
ここはわたしの小さい頃の遊び場所の一つ。


とてもすばらしいお不動様の像があります。
この像には興味深い云われもあります。
ご真言も書いて置いてあるので三回唱えます。

以上、今年の初詣も終わり。
来年もみんなで元気でお参りが出来ますように…。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

links

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Favorite Book

selected entries

categories

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM