平日の名古屋市科学館の混雑は…

  • 2011.06.17 Friday
  • 09:05
名古屋市科学館
以前にも子ども達と2回行ったことがありますが、
リニューアル後の世界一のプラネタリウムや
内容がどのように変わったのかを、見に行きたいと思っていました。
が、土日の混雑ぶりを見聞きする度、しばらくは行くのを諦めていました

そこに、小学校が振替休日、夫も休みを取れる、私も休み、平日に出掛けられる!
というチャンスが到来

事前に平日の混雑ぶりを調べると、やはり朝は並ぶらしい、ということで覚悟をして出発。
8時50分に到着。
開館は9時30分ですが、やはりすでに並んでいます。
カウンターを持ったスタッフが来て、並んでいる人数を数えているので
何人目かを教えてくれます。
330人目でした。

平日のプラネタリウムの投影内容は午前中が幼児用のため、
一般は早くても午後の12時40分から。
ぜひこれの整理券が欲しい!

チケットが買えたのは9時50分。
1時間で入れたのはよかった方です。
プラネタリウムの一回の席数は350席、わたしたちは2家族9名、ぎりぎりセーフでした。

ちなみに子ども達は入場無料、大人800円と、うれしい金額です。




お昼ごはんはお弁当を持って行って白川公園で食べました。

科学館内にも持ち込みで飲食できるスペースがありますが、
以前よりおしゃれになったけれど狭くなったので、
早めに入った方がいいみたい。
お昼になると、団体で来ている子ども達で一杯でした。


この後は写真のみで…
全部に説明がつけられない…
とにかく子どもたちは楽しんでいました。
































最後に盛り上がったのが、科学とは関係のない消防車の運転。
5分間あるので結構長い。
一人5分、子ども5人でこれだけで30分近くかかりました…




館内は午前中が特にゆったりと見る事が出来ました。

ただ、極寒ラボはすでに整理券がなく、
放電ラボも定員オーバーで入れず…
平日でもスケジュールが決まっているものは
早め、早めが必要です。

外の列も午前中だけのようでした。
プラネタリウムの整理券は11時半頃には終了になっていたので、
プラネタリウムを観たい場合はやはり並ぶ必要があるようです。
ただ、遅い時間のプラネタリウムでよければ
慌てて開館前から並ばなくても良さそう。

プラネタリウムはやはり大きいけれど
それ程、前との差がわからない…丸いから?私の感覚がにぶい?
あと、良いのが椅子。
座り心地も良いし、椅子の周りの余裕も以前の3倍でゆったりしています。
倒れるだけではなく、左右に振ることもできます。
ただ、気持ち良すぎて寝てしまう人も多いようで…
いびきも聞こえてきました(笑)

投影プログラムは開館特別番組で、
新しい機能の説明があり、最後の宇宙旅行もとっても楽しかった!

あと、学芸員の方のナレーションの声や話し方が、
ラジオの深夜番組を聞いているような心地良さがありましたよ〜
プラネタリウムには他にもいくつか行っていますが、
いつもはいかにも学芸員という喋りですが、
今回は違いました。


科学館を出たのは4時、それからミュージアムショップに行って
またしばらく時間がかかり…
何を買うかで、子どもたちはうろうろ、うろうろ。
結構楽しいものがたくさんありました。

最初の予定では午前中に館内を見学、
午後からプラネタリウム、
そして帰りにアクアトトにでも寄ろうと思っていましたが、
科学館で一日、あっという間に時間が過ぎました。
子どもたちは「また、行きた〜い」と言っていますが、
しばらくは行けないよ〜!
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

links

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Favorite Book

selected entries

categories

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM