沖縄旅行…楽しんだり心配したり その3

  • 2012.09.13 Thursday
  • 22:45

4日目も朝から海へ行くつもりで水着を着込んで出発しました。
古宇利島の手前の島『屋我地島』のビーチに車を走らせます。

屋我地島はサトウキビ畑が広がる沖縄らしい景色が広がっています。
この島にあるキャンプ場も併設の屋我ビーチ、きれいですが砂浜が今までに比べると狭くてこじんまりとしています。
しばらく貝の化石らしきものを夢中で拾いました。

台風15号の動きによっては、明日の飛行機の欠航もありえます。
夫と子供たちが化石拾いに夢中になっている間にわたしはANAのサイトをチェック。
チケットを購入した会社にも問い合わせるとやはり今のところ飛べるかは検討中とのこと。
ドキドキです。どうかもう少し!

souから、授業で習った『首里城』に行ってみたいと希望が出たのでそのまま那覇に向かうことに。
沖縄到着後は高速を使って許田まで一気に走ったので、途中の景色は見ていません。
帰りは高速を使わず下道で那覇へ向かいました。

途中、「グラスボート」の看板が。
これは楽しそう、と向かっていくと『ブセナ海中公園』の駐車場に入っていきました。

なんだか今までとは違った小ぎれいな雰囲気。
それもそのはず。「ザ・ブセナテラス」というリゾートホテルと隣接した施設でした。

歩いて行ける距離なのにこじゃれたバスが走っている(笑)
くじら型の船に乗ると中央の底がグラスになっていて、テンションが上がります。



ポイントに到着すると魚にエサをあげることができます。
魚も知っているのでしょうか、すごいいきおいでやってきます!




58号線をひたすら那覇へ向かって走ります。
ガイドブックで目にしたことがあるビーチやホテル、お店を横目で見ながら、
嘉手納町・北谷町の米軍基地の横を通り那覇へ到着。

まずはお昼ご飯。
アレルギーのあるseiがなんでも食べることができるお店を調査済みです。
オーガニックカフェ『NOAH STYLE』

ホームページでメニューを調べ、子ども達は玄米コロッケバーガーやグルテンチキン風サンドを
楽しみにしていたのですが、この2つのメニューがなくなっていてがっかり…
キッズプレートを注文しましたが、子ども達はあまり気に入らなかったようでした。

でもいつもは我慢のデザートを、なんでも食べてもよい、ということでseiはうれしそうに選んでいました。
ケーキはボリュームもあり美味しくいただきました。




お腹がふくれたところで次は『首里城』へ。
空は晴れ。明日飛行機が欠航の可能性があるなんてウソのようです。

綺麗な赤、重厚感のある建物。
昔、ここに琉球王国があったと思うと感慨深いものがあります。
旅行の最初の予定は「観光ゼロ・ひたすら海遊びのみ」だったので、
こんな風に思わぬことで首里城に来ることができたのはかえってよかったのかもしれません。

souは行きたいと言っただけあって、興味深く見ながら何かのスイッチが入ったように写真を撮り続けていました。





那覇を一望できます。風が心地よいです。




次は『牧志公設市場』へ。



本物の豚の顔になんとも言えない表情で見入るsou。



こんなのも売っています。さすが沖縄。



沖縄ならではの珍しい魚がたくさん。
美ら海水族館で見た魚が皮をはがされているのを、これまたなんとも言えない表情でみるsou。





カフェで一休み。
『CHATAN COFFEE』ここも行ってみたかったところです。
狭いけどジャズが流れていい雰囲気。
もちろん子ども達はそんなことは関係なしにひたすらグラスに向かっていますが。



市場の周りにもアーケードがたくさんあり、その路地はなかなか風情があります。





アーケード街で将棋をするおじちゃんたち。
子ども達はしばらく勝負を見つめていました。



間口1間ほどのかわいい古本屋さん。




そして次はお土産探し。
これがたいへんでもあり楽しみでもあります。
国際通りへも行きましたが、意外と市場周りに興味惹かれるお店が多かったように思います。

この日の夕飯は最後の沖縄そば。
『沖縄食堂』のそばは、あっさりとこってりが選べました。
わたしたちはあっさりに。
珍しい街歩きにみんなどっと疲れていたからです…
そばは美味しかったです♪




さて、昨日に続き4日目の宿も探さなければなりません。

那覇は宿が多すぎて、ケイタイしかないわたしには探しきれず姉に頼みました。
姉が選んだのは『都ホテル』
「老舗のホテルで古いかもしれないけど、良いホテルで普通この値段では泊まれないよ」と。
一人¥3,000。4人部屋で一人添い寝ができるなら、5人泊まっても4人分の料金でよいとのことです。
できます、できます。

蔦がからまった門を入ると堂々たるホテル!
ベルボーイがやってきて「荷物をお持ちします」
一度トランクを開けてみたけれど、イヤイヤ、荷物はぐちゃぐちゃ砂だらけ。
「自分たちで持ちます」と閉めました(笑)

中に入るときれいですばらしいホテルです。さすが老舗!
それぞれリュックを背負い、見るからにこぎたなくなっている我々はあきらかに場違いでは…
カウンターに行くと他にも家族連れがいてちょっと安心。でも皆さんは小ぎれいな方々ですよ(笑)
チェックインをすると「プレミアムデラックスルームが空いておりましたので変更しておきました」と言われ、
「え〜どういうこと〜?」こんなわたしたちにそんな良いお部屋を〜?

後で『都ホテル』のサイトを調べたら、その部屋は本来ツインルームで2名¥23,625。
ファミリープランではベットを2つ足して4人部屋となり、家族4名・朝食付きで¥40,000のお部屋でした。
そこに¥12,000で泊まらせてもらいました。台風のことがあったからかもしれませんね。

10階だったので夜景も美しく、バスルームもトイレも全てがきれいでステキ。
子ども達はテンションが上がりまくり、買い物の疲れも吹っ飛びました
わたしも遅くまで夜景を眺めて過ごしました。
「明日の飛行機、飛びますように」と祈りながら。




次の日は延長していたレンタカーを返却し、待望のユイレールに乗って再び国際通りへ。
子ども達と約束していたパフェやかき氷を食べるためです。

有名な土産店「わしたショップ」のマンゴーソフトクリームとマンゴーかき氷を食べました。
ソフトクリームは「今まで食べた中で一番おいしい」と、2回も食べました




帰りの飛行機は14:50発でしたが、状況が気になるので早めに空港へ向かいました。
空港に着くとなんだか混んでいます。

早くも明日の全飛行機が欠航になり、今日の晩に臨時便を出すということで、
そのチケットをとるための長蛇の列が続いているのです。

でも空は青空、風もなく、とても台風が近づいているとは思えません。
ただその台風15号はどんどん勢力を拡大して、その頃には史上最大と言われるほどになっていました。

わたしたちが乗る飛行機は予定通り飛ぶことを確認。
でも次の日だったらわたしたちもあの列に並んでいるのです。
自分たちの飛行機が飛ぶからと両手を挙げて喜ぶ気分にはなれませんでした。

帰りはANA304、14:50発・16:55着。
青空の中、飛行機は時間通りに飛び無事セントレアに到着しました。

5日間、天気や台風を心配しながらの旅でしたが、結局雨は半日だけでした。ありがたかったです。
家に帰ってくると、あんなに欠航を心配しながらやっと帰ってきたのに、すぐにまた旅行に行きたくなるから不思議です。

子ども達は次は北海道に行って幻の魚・イトウを釣りたいそうです。
北海道は夫もわたしも若い頃に一人旅をしているので、子ども達を連れて行きたい場所もいくつかあります。
さあ、旅行貯金を始めなきゃ、ですね♪

コメント
yokoちゃん、行ってきたよ〜
ものすごい決心して(笑)
行いがいいんじゃなくて、ビンボウ家族は沖縄最後かもしれないと思って
お天気にしてくれたんだよ〜
それよりyokoちゃん!しんちゃん、スゴイな!
頑張ってるんやな。えらい!!
たのもしいな(^O^)
  • yum
  • 2012/09/20 7:10 PM
いいなぁ(^-^)家族旅行。yumちゃんらしい旅行で見ていて微笑ましかったよ(^-^)v
日頃の行いがいいからお天気も良かったんやなぁ。
yumちゃんに新婚旅行で貰った硝子のぐい飲み家では大活躍だよ。
千歳空港で合流した北海道の旅思い出しました。家族旅行行け時沢山行ってなぁ。
いつもブログ見て癒やされてるよぉ〜
暑い夏も終わってしまったけどお互い仕事に家事頑張ろうね(^-^)
  • yoko
  • 2012/09/20 1:29 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

links

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Favorite Book

selected entries

categories

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM